トナーの選び方~リコーなどの純正品か再利用品か~

トナーの選び方~リコーなどの純正品か再利用品か~

トナー

コピー機の必需品

コピー機は定期的にトナー交換をしなければいけません。モノクロなら基本的にK(ブラック)さえあればOKですが、カラーの場合はCMYKのどれか一色が不足していると印刷できなくなるため、定期的な補充が必須となります。

男性

トナーの選び方

コピー機用のトナーは、「リコーのコピー機ならリコー製のトナーを使う」というように、コピー機ごとに合わせて購入しなければいけません。基本的に別メーカー・別機種のトナーは使用できないので、コピー機の名前が書かれたトナーを用意する必要があります。

インク

純正品以外のトナーも

基本的にトナーはメーカー純正品が多いですが、最近ではリサイクルトナーと呼ばれる再利用品も登場しています。リサイクルトナーは純正品よりかなり価格が低いため、大量に印刷が必要な場合などはかなり便利と言えます。

トナー

万が一には修理してもらおう

リサイクルトナーは純正品ではないため、使用した状態で故障してしまってもコピー機メーカーの保証対象にはなりません。ただしリサイクルトナーの販売会社が保障してくれる場合もあるので、万が一リサイクルトナーの使用で故障してしまった場合は、トナーメーカーの修理を依頼しましょう。

リサイクルトナーと純正トナーの違い

純正トナーのメリット

コピー機メーカー純正のトナーは、純正品なので高品質なものとなっています。値段は多少高いですが、不具合を起こすことが殆ど無いので安心して使用できます。

リサイクルトナーのメリット

リサイクルトナーの一番の利点は価格の安さです。純正品の1/3程度の価格で購入できることから、コスト削減にはもってこいの製品だと言えるでしょう。純正品ではないため不具合が起きる可能性も0ではないですが、保証付きのメーカーから購入すれば万が一でも安心です。

広告募集中