IP電話でオフィスの電話料金を大幅に抑えよう

オフィスを稼働させるために

オフィスを稼働させるためには様々な設備が必要となります。業務内容に応じて多少の違いはあれど、パソコンや電話などの機器はどのオフィスでも重要度が高いと言えるでしょう。

オフィスに必要な設備ランキング

固定電話
no.1

パソコン

いまや「パソコンが無いオフィスは無い」と言っても過言ではないほど、パソコンを使った仕事が増えています。基幹業務にパソコンが必要なくても、労務管理や人事、顧客情報の管理などバックオフィス的な部分でパソコンが役に立つのです。

no.2

電話

一般家庭では固定電話の台数が減少していますが、ビジネスの現場では未だに現役です。オフィスに設置した固定電話は社外との窓口となるため、クライアントとのやりとりや採用など様々な場面で必要とされています。

no.3

プリンター

資料を書面に印刷したり、重要書類のコピーをとったりと様々な用途でプリンターが必要となります。オフィスの規模が大きくなればなるほど、業務用プリンターの必要性も増すと言えるでしょう。

no.4

空調設備

オフィスの快適さを維持するためには、空調設備も必要となります。基本的にエアコンは物件自体に備え付けの場合が多いですが、除湿・加湿器やサーキュレーターは用意が必要なことも多いため、導入を検討してみても良いでしょう。

no.5

ウォーターサーバー

従業員用にウォーターサーバーを導入している会社も多いです。ウォーターサーバーがあれば従業員に飲水を持参させる必要が無くなりますし、温水機能付きならコーヒーなどもすぐに作れるようになります。

IP電話でオフィスの電話料金を大幅に抑えよう

固定電話

電話は必要

上記のランキングを見て分かる通り、パソコンや携帯電話、スマホといった通信機器が普及した現在においても、電話は重要な役割を担っています。

ウーマン

IP電話を使おう

最近ではインターネットの契約と一緒に電話も契約できる「IP電話サービス」が一般化しています。こちらは電話加入権の取得が必要ないだけでなく、料金もかなり安いことから多くの方に利用されています。

男女

IP電話のメリット

IP電話はインターネットの契約と一緒に加入できるため、電話回線を開設するなどの手間がほとんどかかりません。また、電話相手のプロバイダが同じであれば料金がかからないサービスなどもあるため、電話料金を安く抑えたい場合に便利なサービスなのです。

広告募集中