中古でも難なく利用できる高耐久のオフィス用複合機

トナー

複合機の価格

一般的な家庭用複合機が1万円~3万円で購入できるのに対して、オフィス用の複合機は30万円程度から500万円程度までと、大幅に上下します。

複合機

家庭用複合機ではだめなの?

価格だけ見ると、家庭用の複合機のほうが遥かにお得な商品に見えるでしょう。ただし家庭用とオフィス用とでは、印刷スピードや耐用年数などに大きな違いが見られます。素早く書類作成を行ないたいのなら、オフィス用複合機は無くてはならない存在と言えるでしょう。

婦人

利用方法は様々

オフィス用複合機は、新品購入ではなく中古購入やリースでの利用もポピュラーです。家庭用に比べてオフィス用は耐久性がかなり高いことから、中古のように多少年式の古いタイプでも問題なく使用することが出来るでしょう。

オフィスで活躍するプリンター

コピー機

カラー・モノクロ複合機

殆どのオフィスで導入されているのが複合機です。複合機はカラーとモノクロのものがあり、さらに機能性が高いものならFAX機能なども備えています。

カードプリンタ

入館証・社員証などの発行が必要な場所では、カードプリンタが導入されています。こちらは通常のプリンターで扱えないプラスチックカードの印刷にも対応しているため、オフィスや大学などで利用されています。

3Dプリンター

近年、商品開発の現場で活用されているのが3Dプリンターです。こちらは上記の平面なものへの印刷ではなく、立体物を作るためのプリンターとなっています。

業務用プリンターのメリット

ビジネスの現場で業務用のプリンターが利用されているのには、きちんとした理由があります。「今日中に1000枚印刷しなければいけない」「長く使い続けられる複合機が欲しい」などの要望があるなら、業務用プリンターの導入が推奨されるでしょう。

家庭用複合機とオフィス用複合機の違い

家庭用のメリット

家庭用複合機のメリットは、「扱いやすい」点にあります。操作項目がシンプルなので誰にでも扱えますし、インクやトナーの交換も簡単にできます。また、本体価格が安いのも大きな魅力の一つでしょう。

オフィス用のメリット

オフィス用複合機のメリットは、スピードと耐久性にあります。家庭用が1枚に1分近くかけて印刷するのに対し、オフィス用なら50枚程度の書類を1分で印刷することが出来ます。また、耐用年数も5年以上を想定して設計されていますし、保証も充実しているため長く使うことが出来るでしょう。

広告募集中